​上敷領 藍子 プロフィール

大阪府出身。

4歳よりピアノ、8歳よりヴァイオリンを始める。

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部を三菱地所賞を受賞し首席卒業。同大学大学院修士課程を修了。学内にて二度のアカンサス音楽賞を受賞。また2011年よりオランダ・マーストリヒト音楽院にて研鑽を積み、特別賞を得て首席卒業。

現在、昭和音楽大学合奏研究員、博士課程在籍しながら、ヴァイオリニストの音程について研究している。

京都コンサートホール主催「Join us ! キョウト・ミュージック・アウトリーチ」第1期登録アーティスト。

 

第1回大阪国際音楽コンクール中学校の部第1位。第14回京都芸術祭にて京都市長賞受賞。第55回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部第2位。第56回同コンクール東京大会高校の部第2位。石川ミュージックアカデミーにてIMA賞を受賞し、米国アスペン音楽祭に奨学生として参加し川崎雅夫氏に師事。第1回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール第3位(ジョゼフ・ロッカ2年貸与)、第22回摂津音楽祭第1位(大阪府知事賞)。第20回市川市新人演奏会にて優秀賞受賞。芸大モーニングコンサートに出演。青山財団より青山音楽賞新人賞を受賞。また国外ではバルレッタ国際音楽コンクールにて特別賞付第1位(イタリア)、マルコ・フィオリンド国際音楽コンクールにて第2位(イタリア)、レオポルド・ベラン国際音楽コンクール第1位(フランス)など数々の賞を受賞。これまでにポーランドクラクフ室内管弦楽団、大阪センチュリー交響楽団、オーケストラアンサンブル金沢、藝大フィルハーモニア管弦楽団等と共演。2012年度上半期、野村財団奨学生。

 

これまでに本多智子、田渕洋子、椙山久美、浦川宜也、玉井菜採、ボリス・ベルキン、ジェラール・プーレの各氏に師事。室内楽を岡山潔、山崎伸子、松原勝也、川崎和憲、迫昭嘉、フィリップ・ベノアの各氏に師事。

​2016-17,藝大フィルハーモニア管弦楽団第2ヴァイオリン契約団員。

​耳管開放症について

​過去のBlog https://ameblo.jp/aiko-is-always-happy/

aiko & rie.jpg

DUO GRANDE 

​デュオ・グランデ

上敷領藍子...ヴァイオリン

朴梨恵...ヴィオラ

2018年結成。

京都コンサートホール主催「Join us ! キョウト・ミュージック・アウトリーチ」第1期登録アーティスト。

同い年。関西出身。

中学時代に同じ門下生として出逢い、その後それぞれの道を歩んだ後、京都コンサートホール主催アウトリーチをきっかけにデュオを結成。

​アウトリーチを通して精力的に子供たちに音楽を届ける活動をしている。

​デュオ・グランデの由来は、未来に向かって大きく音楽を広げていきたいという希望を込めて付けました。

​コンサート予定… 

 

京都コンサートホール主催「Join us ! キョウト・ミュージック・アウトリーチ」

                               第1期登録アーティスト。」

2020年3月1日(日)登録アーティストによるジョイント・コンサート

[時間]14時開演(13時30分開場/16時終演予定)

[会場]京都市北文化会館 ホール

[チケット料金]全席自由 500円

[チケット発売]11月17日(日)10時

[問い合わせ]京都コンサートホール 075-711-3231

 

2021年3月7日(日)登録アーティストによるリサイタル

[時間]調整中

[会場]アンサンブルホールムラタ

[チケット料金]調整中

動画の撮影、編集はクラリネット奏者の István KOHÁN(イシュトヴァン・コハーン)さんです。

 

PATHOS QUARTET

パトス四重奏団

​2019年結成。

「パトス」とはギリシャ語で、情念、情熱などの意味を表す。

数百年に渡って受け継がれている生きた芸術を、一人でも多くの方に聴いて頂くため

演奏の場を広げていくことを目標とし、音楽が聴く人の心を刺激し、眠った感情を呼び起こすことによって精神的、内面的充足を目的としています。

𠮷武 優 … ピアノ

上敷領 藍子 … ヴァイオリン

木下 雄介 … ヴィオラ

増田 喜嘉 … チェロ

​コンサート予定… 

パトス四重奏団 ~情熱溢れるピアノ四重奏の響き~

2019年8月23日(金)

[時間]18時開演(17時30分開場)

[会場]枚方公園青少年センター

[チケット料金]全席自由 1000円(当日1500円) *4歳以上入場可

​©︎ Ray Yamaguchi