【御礼】パトス四重奏団 青山バロックザール公演

先月11月16日に行われました、パトス四重奏団のコンサートin 京都(バロックザール)にお越しくださいました皆様、本当にありがとうございました!


直接御礼をお伝え出来ていない方も沢山いらっしゃるので、

早くここで御礼をお伝えしないと、と思いながらこんなにも時間が経ってしまい

ごめんなさい。


私達にとってバロックザールという素晴らしい音響のホールで演奏できることは

夢のような瞬間で、2時間という限られた時間は喜びとともに、一瞬で過ぎていきました。


音楽をする喜びを身体中で味わいながら演奏ができ、

その少しでもお聴き頂いた皆様に伝わっていたら嬉しいなと思います。


ピアノ四重奏のレパートリーは実は沢山あるので、

少しずつ長い目でお届けしていきたいなと思っています。

これからも応援して頂けましたら嬉しいです。


当日終演後に撮影した写真♪




ホールの床や壁がブラウンって素敵だなと思いました。


ここのスタンウェイのピアノの最高でした。


ここでは見えないのが残念ですが、

皆の靴下に拘りがあり、

次回のコンサートでは必見ポイントです。









コンサートまでのリハーサル初日の写真から。ココちゃんも会いにきました。

今回チェロのヨシカはこの一週間のためだけにアメリカから飛んできてくれました。

私たちは滋賀県で本番まで一週間みっちり合宿しています。

毎日8時間、集中したリハーサルをして

昼と夜は自炊をして

夜は喋って笑って

そんな合宿です。


自炊も8月の合宿を経て、皆慣れたもの。

ちゃきちゃきっとそれぞれの担当に分かれ準備をして、30分ちょっとで「いただきます!」


一人の本番だと、本番前はご飯作る精神的余裕もなくて暗い生活をしていますが

皆と過ごすと気持ちの切り替えが出来て、自炊をするという精神的余裕まであって

ちゃんと本番を迎えることができる、

という、理想の生活を送れました。


お互い干渉しすぎずマイペースに過ごせるのが良いです。


自分の本番のときもこうありたいな~


来年は6月にふたたび合宿が出来そうな予感!!

新しいレパートリーに取り組みます♪


本当にありがとうございました(^^)

​©︎ Ray Yamaguchi