気迫

先日、ある友人と話してたときの言葉が印象に残りました。


今、コンクールシーズンの中、沢山の若い方たちが世界中で頑張っています。

コンクールによって傾向が違うので、審査員が誰かチェックしたり

課題曲をチェックしたり、対策を練る必要があります。


そのコンクールの一つで、伴奏をしている友人が、

通過するには「絶対」な演奏しなければいけないと話していました。


その「絶対」とは、正確に弾けていることはもちろん

「気迫」がどの程度あるかどうかにかかっているということでした。


コンクールの準備段階から、一切の迷いもなく

強い精神力で最後まで「やってやるぞ!」という気持ち。


ほんの少しでも迷いがでれば、それは音楽に全て出てしまいます。


なるほどな、、と思いながら聞きました。

私にはそういうエネルギー、若いころは足りなかったな~と振り返ったり。

今の方が昔より圧倒的に気持ちが元気です。


音楽って、その人の内面を全て映し出してしまうので

不思議な力だなと思います。



​©︎ Ray Yamaguchi